プロフィール

大木聖子(おおき さとこ)

慶應義塾大学環境情報学部(SFC)准教授.専門は地震学・災害情報・防災教育等.高校1年生の時に起こった阪神・淡路大震災を機に地震学を志す.2001年北海道大学理学部地球惑星科学科卒業,2006年東京大学大学院理学系研究科にて博士号を取得後,カリフォルニア大学サンディエゴ校スクリプス海洋学研究所にて日本学術振興会海外特別研究員.2008年4月より東京大学地震研究所助教.2013年4月より現職.主な著書に,『超巨大地震に迫る-日本列島で何が起きているのか』(纐纈一起教授との共著,NHK出版新書),『地球の声に耳をすませて』(くもん出版)など.2012年9月『情熱大陸』.


  • 1997年 頌栄女子学院高等学校 卒業.
  • 1997年 北海道大学理学部物理系から地球惑星科学科地球物理学専攻へ.
  • 2001年 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 入学.
  • 2003年 同修士課程修了.博士課程へ.日本学術振興会特別研究員.
  • 2006年 同博士課程修了.
  • 2006年4月-9月 海洋研究開発機構(JAMSTEC)地球内部ダイナミクス領域(IFREE)にてポストドクトラル研究員.
  • 2006年11月-2008年3月 日本学術振興会海外特別研究員としてカリフォルニア大学サンディエゴ校(UC San Diego)スクリプス海洋学研究所(Scripps Institutuion of Oceanography)に滞在.
  • 2008年4月-2012年5月 東京大学地震研究所 助教.広報アウトリーチ室に所属.
  • 2012年6月-2013年3月 東京大学地震研究所 助教.
  • 2013年4月- 慶應義塾大学 環境情報学部(SFC) 准教授.

職歴

  • 2004-2006 日本学術振興会 特別研究員
  • 2006 海洋研究開発機構地球内部ダイナミクス領域 ポストドクトラル研究員
  • 2006-2008 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2008-2013 東京大学地震研究所 助教
  • 2013- 慶應義塾大学 環境情報学部 准教授

受賞・入選

プレスリリース・記者レク

  • 2012年12月21日  文部科学省科学技術制作研究所 『科学技術への顕著な貢献2012(ナイスステップな研究者)』〈報道発表資料(PDF)〉
  • 2011年12月5日  アメリカ地球物理学会(AGU)秋季大会 公式記者会見; ”Ironic Effects of the Destructive Tsunami on Public Risk Judgment”

表彰・感謝状

  • 2012年 東京消防庁千住消防署 感謝状
  • 2012年 東京消防庁本郷消防署 感謝状
  • 2012年 東京消防庁赤坂消防署 感謝状
  • 2011年 東京消防庁千住消防署 感謝状
  • 2011年 東京消防庁成城消防署 感謝状
  • 2011年 東京消防庁麹町消防署 感謝状

監修・協力作品等の受賞

  • 2012年 文部科学省特別選定 『ナンデくんと学ぶ 地震と津波を知ろう -じぶんの命を守るために-』小学生向け(東映株式会社)
  • 2012年 文部科学省特別選定 『地震・津波から生き延びる -正しい知識と行動-』中学生向け(東映株式会社)
  • 2012年 文部科学省特別選定 『地震や津波で死なないために -心に刻む5つのこと-』大人向け(東映株式会社)
  • 2012年 文部科学省特別選定 『グスコーブドリの伝記』(杉井ギサブロー監督,手塚プロダクション)
  • 2010年 ドイツ国際映像祭銀賞 『THE LABO ~研究所の歴史に見る科学の系譜~』(サイエンスチャンネル)
  • 2009年 教育映像祭優秀作品賞 『大地震に備える』

コメントは受け付けていません。